私のアップデイト

何年ぶりなのでしょうか?

Västra sjukhusets bassäng

今日は過去との繋がりを感じる不思議な体験をしました!ご存知な方もいらっしゃると思いますが、私は背中、腰、膝の痛みの改善と強化のために、トレーニングに励んでいます。

数週間前に、パーソナルトレーナーをつけてジムでトレーニングを始めたことをブログに書きました。2週間が過ぎてもう変化が現れているのを感じています。とても良い変化です。

夏の間中、 家にあるプールを使いました。週に4,5回は自転車を漕ぎ、写真に写っている「ソーセージの形をした浮き輪」(と私は呼んでいます。)に乗っていました。すると、膝と腰が徐々に柔らかくなり筋肉が強くなってきたのを体験しました。

地元のヘルスセンターにあるプールで理学療法士による理学療法トレーニングを受けるようにと提案されていたので、今日、初めてそこを訪れて、自転車漕ぎとトレーニングをいつもと少し違う方法で受けてきました。その時、私のトレーニングをした療法士の方から、以前にも私をトレーニングしたことがあると言われました。それは、1986年から1988年の間、私が強化選手に選ばれてトレーニングを受けていた時、私のパーソナルトレーナーとしてかなり一緒に時間を過…

続きを読む…

ついに、新しいホームページができました。

image

それはまるでジャングルです。ウェブサイトを作るのには、様々な方法やプラットフォームがあります。私の強い願いは、自分のウェブサイトで沢山のことをすることです。私がただの歌手やアーティストであれば、又ショップも財団も一だけであれば、サイトはシンプルにできたかもしれません。しかし、私はひとりで何役もこなしているのです。何が私にぴったりなのかを見つけるのは簡単ではありませんでしたが、ついにサイトが構築できました!本当にわくわくしています!皆様が求めていらっしゃるものや興味があるものがこのウェブサイトで見つけられたらと願っています。どうぞネットサーフィンを楽しんで下さい。

続きを読む…

今日は「口と足で描く芸術家」の国際デーです。

image

私が自分の作品の技巧を紹介している映像(英語ですが)をポストしていますので、是非ご覧になって下さい。私のアートページでさらに詳しい内容を読むことができます。

写真は、Tom Yendell 氏をゲストとして迎えた2019年の展覧会で撮られたものです。Yendell 氏は、協会所属の画家であり理事会のひとりもある方です。

私たちの目の前にある写真には、Eva Backlund  Maria Andreasson 氏が写っています。

ストックホルムにある私たちのギャラリーで行われる予定だった展覧会は、コロナ禍の影響で、2020年と2021年は開催できませんでしたが、2022年には開催されることを大いに期待し待ち望んでいます。

続きを読む…

パラリッピクが開催されました!

Sim bild från SVT 2

文章を書きながら、日本で開催されているパラリンピックの開会式を見ています。その光景を見ていると沢山の思い出が蘇ってきます。

1988年ソウル、オープンニングセレモニーの会場。巨大なアリーナの最前列席に座っている世界中からの選手団の一員として、これから繰り広げられる試合への期待に胸高鳴りながらあの場にいたことは、私にとってかけがえの無い体験でした。エリートアスリート達にとって、オリピックは最高峰の競技です。 プレッシャーをコントロールできる強い心と体を兼ね備えるために、選手には終わりの無い練習と途方もない量の準備が要求されます。

スウェーデンのテレビ局が、パラリンピックに向けて準備を重ねている私の姿をドキュメンタリーとして放映しました。スウェーデン語での放送ですが、SVTs オープンアーカイブでそれを見ることができます。

1998年、日本は長野県で冬のオリンピックを開催しました。そのオープニングセレモニーでピアニストのアンダース・ウィークと演奏できたのは、非常に光栄なことであり、歌手として身に余る最高の体験でした。天皇皇后陛下とご家族、世界のあらゆる国々から参加されている選手の方々…

続きを読む…